get app

ダウンロードはこちらから

実績がないとは?

今日はいろんなところから受けた相談に

僕なりの答えに皆さんを付き合わせるコーナー

『あれ』

の時間です!

 

では今日のお題いきます!

 

Q.チャレンジしたいことがあるが実績がない、これから僕はどーしていけば、、、

というところについて

僕なりの考察をお話していこうと思います。

 

①錯覚資産について

②戦う土俵を間違うな!!

③まとめ

 

①これは多分みんなが悩むところではないでしょうか。

以前からなんどもオススメしている

錯覚資産の使い方です。

僕は実はこれを普段使わないようにしています。

なぜかというと

僕は今はそこを使わない方がいいからです。

今は等身大を見ていただいて

信頼を積み

逆に過大評価、過小評価を避けることの方が

僕を理解してもらえると思っているので

僕は全てをさらけ出したりするわけです。

後々はMP使い果たすくらい使います!

 

例えるならあの名作

「すごいよマサルさん」

の『めそ』

みたいな感じのほうが今はいいからです。

知らない方がいるかと思いますが。

クリナップクリンミセスという

ワードを世に広めたのもこの名作からです。

ん、これも知らない、、、

 

仕方ないので本題に戻ります。

 

先ずは錯覚資産とは何か

これはふざけているようですが

☝️に書いたすごいよマサルさんが

1番わかりやすいんです。

マサルさんに対してフーミンが抱いている

感情が錯覚資産なんです。

もしかしてこの人ならあんなことが起こせるのでは

です。

レッドスネークカモーン、なんです。

だめだ脱線する、、、

 

例えばイチローが宿題についての講義をしたとします。

それは違うよ!っていう人は少ないと思います

それはイチローが積んできた実績が

あの破天荒なほぼ天邪鬼としか言えないような

話でもスーパー理論に変えるわけです。

 

はい、ここで大概の人は思うわけです。

じゃあオレ無理じゃね?

って。

オレの言葉に重みなんかねーよ

って。

 

でも本当にそうでしょうか?

 

先日ラジオでお話したように

人には絶対に勝てるステージがあります。

うさぎは海では絶対に亀には勝てません。

最強エネルもルフィには勝てません。

必ず優位性というものがあります。

自分のステージで話すんです。

 

そこで機会数を増やし

真の実績を掴むんです。

それまでは自分のステージにどれだけ

人を呼べるかだけ考えましょう!

 

実際僕は人前で話すのは

あまりなんとも思いません。

2人で討論会も好物です。

でも五人で会話は苦手です。

なのでよほどのことがないと

自分からはそんなステージは提案しません。

でもよく考えてください。

そのパターンの方が多くないですか?

そうです。

僕は非常にポジションが特定されたキャラ設定なんです、

しかし僕もバカではないので

こんな工夫をします

五人で会話は苦手なので

聞き手に回る

もしくは1対1

はたまた1:4の関係をつくるんです。

これはあくまで仕事の時の話で

僕はプライベートではこんなまどろっこしいことは考えません無ですw

めんどくさいのは嫌いです。無ですw

 

でも絶対負けたらいけない場面で戦える

土俵がないのはやばいんです。

もちろん全てを飲み込まれる場面もあります。

その時は素直に成長するしかないよね、だって力が足りなかったんだから。

 

そしたらその時した『努力』というドラマが

あなたの錯覚資産になるわけ。

 

③じゃあまとめますよ。

 

僕なりに本質つきますね。

 

実績ないからできないとか

理由にもならない。

☝︎に書いたもんなんて理屈に過ぎない。

ビビんな今、目の前にあることを

死ぬほど本気でやりきれ!

すぐやれ!

今やれ!

先ずはドラマの第1話を是が非でも自分の手でつくり上げろ。

そこから実績も錯覚資産も産まれるんだ!

先ずは『やる』これだけだ!

 

それでも何をしていいかわからない、、、

そんな時は周りの行動してる人に習うもしくは共闘する!

ただこんだけ、こんだけ。

さぁやろう、何かやろう

とりあえず走り出そう!

 

まとめながっw

 

では!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウルルのメルマガ登録はこちらから