get app

ダウンロードはこちらから

ケア②

昨日せっかく「ケア」のお話をしたので補足していきます😄
今日はカラーのツヤや退色までの時間を出来るだけもたせる方法、カラーの色持ちを良くさせるためには?
ってお話と、
頭内環境の「ケア」のお話👍
ウルルでは
もう分かったから‼️って言われるくらい乾かしてくださいってお話をし続けています。
後でも触れますが髪の毛を、頭皮を乾かさないとびっくりするくらい良くないことがおきます。

 

菌の繁殖により臭いがする(臭い)
菌の繁殖によりベタつく(汚い)
etc…
菌の繁殖により色々な他人から嫌がられる不潔
なイメージを自ら植え付けてしまう訳です。
例えばドラッグストアやコンビニに夜行って髪の毛長くてビショビショの女の子をみるともうここまで手入れできなくて外にでないといけないくらいなら乾かせるくらい短く切ったほうがいいんじゃないか???って思うんです😅
ちょっと過激な発言というか本当は言葉にしない方が僕のためにはなるんでしょうけど、皆様のために↑を言わせてもらいました。
補足にはなりますがウルルでは髪の毛の乾かし方講座も無料でやっています(こられている方限定)ここで「乾かす」の基本と大切さを知って欲しいからです😄遠慮なくお申し付けくださいね😄
皆様是非身を削った僕のことを思って髪の毛今夜からでも乾かしてもらえたら僕はもうhappyです🙇
で、もっとわかりやすく誰も傷つけないオブラートに包まれたカラーのもちや普段のケアを書いている記事をネットから抜粋して参りましたので↓もご覧下さい🙇🙇🙇

お気に入りの艶カラーに出会えたら、できるだけ長持ちさせたいものです。カラーリングをした後の色落ちを最小限にとどめ、色持ちを良くする方法を知っておきましょう。
まず、髪をシャンプーする時には、髪そのものをゴシゴシ洗うのではなく、頭皮を洗うことを意識します。頭皮を適度にマッサージして血行を良くしておくと、髪にも必要な栄養が行きわたりやすくなります。

また、洗髪後は髪が濡れた状態でそのまま放っておくのではなく、ドライヤーを使って手早く乾かすように心がけましょう。ドライヤーを使って髪を乾かすと、「髪が乾燥するから良くない」と思い込んでいる人がいます。しかし、髪を自然乾燥すると、切れ毛や抜け毛などの原因となりかねません。頭皮環境も悪くなってしまい、雑菌が繁殖し、頭皮の嫌な臭いの発生を招いてしまうおそれもあります。
艶カラーを長持ちさせたい時は、頭皮と毛髪にとって正しいケアを行うことが求められます。

はい、お勉強したと思います😄是非ウルルと一緒にキレイになっていきましょー😄

ウルルのメルマガ登録はこちらから