get app

ダウンロードはこちらから

進化の道は険しい

ちょっと今日は進化の面白いお話😁

実は地球に登場した生き物の99.9パーセントは滅んでいます😇

その種類の生き物がすべて滅んでいなくなることを「絶滅」といいます!

せっかく進化したのに絶滅してしまうのは何故でしょう?

例えば恐竜の祖先昆虫を食べていたニャササウルスは進化してパワフルで強いティラノサウルスへ進化しました‼️

しかし、絶滅、、、

巨大な隕石が落下したのがきっかけで地球が一気に寒くなり、体温調節が苦手だったティラノサウルスは体温が下がりすぎて滅んでしまいました。

あの有名な鳥の祖先の始祖鳥!それを飛べる翼をもち体は40cmくらい

ここからディアトリマへと進化します。

高さは2mへ獲物を捉えるくちばしは大きく足もはやくなりました!!!

しかしこいつ飛べません、、、

やはり絶滅、、、

とても大きく強かったディアトリマですがあとから出てきた哺乳類に卵を食べられるようになり子孫が残せず、、、こんなことがあるんですね、、、

では上手くいったパターン!

アデロバシレス、小さな体で昆虫などを食べるネズミっぽい生き物こいつはライオンへと進化します。

頭が良く仲間と協力し獲物を捕まえやすい早い足へと進化しました。

知っての通り生き残っています。

周りの環境が変わっても、頭の良さと足の速さは役にたち、狩りで獲物を捕まえたり敵から身を守ったりして数を増やし今のライオンになりました。

生き物は体のつくりや能力が進化しても、環境がガラリと変われば絶滅してしまうものなのです。

じゃあ人間は?

例えば地球が水に沈んたら、人間は水中で呼吸はできません、、、

例えばめちゃくちゃ暑くなったら、

人間の脳は熱に弱いため滅びるでしょう。

じゃあ水中で呼吸ができるようになったり、爬虫類のように体温を変えるように進化していけば、、、

しかしそれ無理らしいです。

進化の道は後戻りできない一方通行

人間は魚や鳥類の祖先から進化したため、彼らがもつ能力を、これから手にいることはできないらしいのです。

え?じゃあ人間って、、、なんてことを考える今日この頃😁

今日得たこの知識はこれからお店の進化に役立てないとですね😁

僕らの業種の5年以内の廃業率は50パーセントらしいです😇

1年、1年永続できるようにみんなでコツコツ頑張ります😁

今後ともよろしくお願いします🙇

ウルルのメルマガ登録はこちらから