get app

ダウンロードはこちらから

僕語ります

えーっと今日はなぜか語りたくなったので急に語ってみます。
まず今僕は福岡のセミナーの帰りのバスにいるということです( *’w’)b
今回のセミナーは昨日サロンワークをすませ、車に飛び乗り後輩の次のコンテストの仕込みを手伝い、後輩の髪を切って、夜行バスに乗って起きてマック行って朝九時から午前中トリートメントの講習を受けて、昼からカラーの講習をしてコーヒー飲んで帰る。
という時間の使い方をしているわけです。
ではなぜ僕はオーナーになってもこーやって講習に行くのか?なぜたくさんのお客様に囲まれながらももっとスキルと知識を増やすのか?今でも正直十分なのではないか?
と、よく聞かれます。
僕の答えはノーです。
時は常に進みます。1年前のマストな情報はベターになっていたりはたまた都市伝説だったのでは?とまで言われることもあるからです。
今目の前にあるお客様の髪をどうしたいのか?お客様はどうして欲しいのか?
今なぜこれなのか、
僕は話をするときに必ず言います。
僕が仕事に関することで行動を示す時、全てに僕の中に意味があります。
地球上のすべての人の髪を全て綺麗にするのは僕には無理です。でもウルルを選んでくださった方にはそれをする使命があります。
そして自分の前に新しい壁がきます。もっと、もっとと欲や希望が湧いてきます。
それが行動になり夢への一歩になります。
つまり、まだまだ夢の途中だということです。
そしてまだまだ僕が、僕自身がその夢、希望を叶える可能性があると信じているから動けるんです。
まだまだ背中を見せてやるという気持ちがあります。僕の先輩にはまだまだ勉強している先輩がたくさんいて、背中でまだまだお前も頑張れよと語ってくれています。
うん、負けたくないですよね^_^
いつかは僕もプレイヤーでなくなるひが必ずやってきます。
だからその日までは進歩し続けます。
あっ、応援してくださいね^_^僕応援されると燃えますからw
最後に、先日僕が前いた研究団体でチームリーダーをやっていた時のノートの隅にこう書いてありました。
「やってみようよ、まず僕がやってみせるから」
昔のノートがある日突然出てきて突然僕にそのノートを開かせるんだから不思議ですよね(^^;;
《そしてこれは誰に伝えよーとしたんだろう(^^?》
えーっと長くなりましたが今日僕が言いたいのは、みんな年齢職種立場関係なくやるんだったらまだやれるんだったらうだうだ言ってねーで本気でガンバローやってお話な訳ですはい。
フー、書き終えた(((o(*゚▽゚*)o)))
なんか恥ずかしくなってきますね(^^;;
もし生意気に聞こえたらすみません(^^;;そしていきなり語って申し訳ございませんw
長文失礼しました^_^

ウルルのメルマガ登録はこちらから


 

ソーリー! 石ヶ崎 里保 のブログはございません!